みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

2009

2010年11月02日  秋田県のがん患者数で思うこと
2009年12月16日  表参道のイルミネーション 2009
2009年09月14日  第86回増田の花火 2009
2009年08月05日  秋田竿燈まつり 2009
2009年07月12日  会津美里町お田植まつり 2009

秋田県のがん患者数で思うこと

○ 履歴 : 2008「2008.11.02 秋田市内の紅葉探索 20085.8 / 18.5
○ 履歴 : 2009「2009.11.02 納棺 通夜祭
9.0 / 11.2 〜 会津
○ 気温 : 今日の最低 11.9(04:08)最高 16.9(01:09)/ 昨日 : 11.3 / 16.7

昨晩 17:00 に出された暴雨警報でしたが、最初は、それほどでもありませんでした。ところが、徐々に風の勢いが強くなり、午前 02:09 には、最大瞬間風速 27メートルを記録しました。

風が絶えず吹きつけているのではなく、スーッと静かになったかと思うと、ピューッと突然襲ってくるような調子で、その繰り返しの夜でした。

その風も、朝方には落ち着いて来ましたが、天気の方は不順でした。午前 01:09 に 16.9度と、今日の最高気温を記録しました。その後、少しずつ気温が下がり、午前中は、雨が止んでいましたが、午後三時過ぎ頃から、再び降ってきました。

下の写真、左は、昨晩 21:52 頃に撮した外の様子です。風が徐々に強くなり、雨が降っていました。

20101101暴風警報 20101102山の様子 20101102ラベンダーの畑1

上の写真、中央は、午前中の山の様子です。杉の枯れ葉が、道一杯に落ちていました。上の写真、右と、下の写真、左は、今日のラベンダー畑の様子です。

他の桜の木の葉は、ほとんど落ちているのですが、一本だけ青々とした葉を残している桜があります。仙台しだれざくらの苗木ですが、そういう品種なのでしょうか。

20101102ラベンダーの畑2 20101102仙台しだれざくら 20101102紅葉

下の写真は、昨晩からの雨と風で、道路に落ちていた「いが」です。中には、ちゃんと実が入っています。そのいがを両足で挟んで栗の実をとります。

20101102栗1 20101102栗2 20101102栗3

さすがに雨風の後には、通常より多く栗を収穫する事ができます。下の写真、左は、今日収穫した栗です。ほとんどが「正月」という品種の栗です。

20101102栗の収穫 20101102もやし炒め 20101102ササギの煮つけ

上の写真と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。もやし炒め、ササギ・ニンジン・コンニャク・里芋・鶏肉などを使ったササギの煮つけ、しらすチャーハン、いものこ汁、そして、あけびのみそ煮でした。

20101102しらすチャーハン 2010110いものこ汁 20101102あけびの味噌煮

下の写真は、今日の晩ご飯です。エビフライ、アボガドとトロロの酢のもの、キャベツ炒め、ホウレン草とゴマ・ノリの和えものです。

20101102エビフライ 20101102アボガドとトロロの酢のもの 20101102キャベツ炒めとほうれん草

そして、納豆汁、甘いデザートの大学栗やアップルパイでした。他には、自家製の栗ようかんもありました。

20101102納豆汁 20101102大学栗 20101102アップルパイ

先日の新聞(2010.10.20 秋田魁新報)に、「新規がん患者 過去最多」という大きな見出しと、「70代は 2691人 30、40代も急増」というサブタイトルが目につきました。

内容を読んでいくうちに、「がん」という病気が、これほどまで多くなって来ている事に、改めてビックリさせられました。記事の内容には、主に二つの機関のデータが示されていました。

一つは、医療機関からの「任意の情報提供」により、がん患者として診断された患者さんの数と、県による「推計罹患者」として推計されたがん患者さんの数でした。

罹患者というのは、「病気にかかること」だそうですから、がんという病気にかかった患者さんという事になります。二つの機関から導き出されたデータから、とても貴重な情報を得る事ができました(いずれも 2009年度)。

○ 県地域がん登録事業(任意の情報提供)
・がん患者数 7,979人
○ 県地域がん登録委員会(推計)
・推計罹患者 9,129人

と、1,150人ほど患者数に違いがありますが、推計罹患者ベースでの 10万人当たりの推計罹患率は 839.5 ということで、何でも

「県内で一日当たり 25人ががんと診断された計算」

なのだそうです。このように具体的な数字で表されると、いかに多くの方々ががんという病気になっているのかを身近に感じる事ができます。

しかも、秋田県内の死亡者(13,866人)のうち、がんで亡くなられたが方の占める割合は「28.9%」ですから、

・がんという病気にかかっておられる患者さんの数
・がんという病気で亡くなられる方々の割合

がデータとして示されたことで、秋田県と「がん」という病気との関係に、改めてビックリさせられると同時に、何故このように多いのか、そして、どうすれば、このデータの示す数値を減少させることができるのかなど、いろいろ興味の持てる事柄を掲げる事ができるかと思います。

新聞ではさらに、県地域がん登録事業ベースでのがん患者数 7,979人の

・年齢別、部位別
・発見の経緯、発見時の進行度合い
・検診率

などのデータが示されていました。年代ごとのがん罹患者推移グラフも描かれていましたが、40代から50代にかけ、倍以上の推移が見られ、50代の罹患者を基準に、各年代別の罹患者数が、およそ、倍、倍に増えている事が伺えます。

・50代 〜 およそ 1,000人(グラフから読み取ったおよその人数)
・60代 〜 1,820人
・70代 〜 2,691人

これらの事から、予防や、早期発見、早期治療がいかに大切で、そのための具体的な対策が急務である事が書かれていました。

今までの内容を、下記のような図にまとめてみました。10万人当たりの推計罹患率は、わかりやすいように「人」を付け加えてみました。

20101102秋田県の新規がん患者数

厚生労働省における「人口動態統計」でも、秋田県のがん死亡率も、10万人当たり 366.7 と、全国平均の 273.5 を上回り、1997年よりワースト1 の記録が続いているのだそうです。

以前、下記のような記事を投稿しましたが、改めて、がんの原因の一つとされている「過度な交感神経の緊張」と、アロマテラピーの有効活用について考えてみたいと思います。

● 関連記事
精油の化学関連の目次
医療関連の目次
脳・神経関連の目次
薬と身体関連の目次
福田安保理論関連の目次
2010.03.21 がん細胞の謎を考える
2010.03.20 二つの生き物の合体とがんの謎
2010.03.12 病気にならない生き方
2008.01.30 秋田県アロマ人口増死亡率減大作戦
2008.01.29 都道府県別死亡率とアロマ人口
2008.01.19 都道府県別死亡率にみる秋田県

表参道のイルミネーション 2009

○ 履歴 : 2007「2007.12.16 大原界隈と三千院の紅葉 2007気象データなし
○ 履歴 : 2008「2008.12.16 今年初めての忘年会
最低 マイナス 1.7 最高 7.8
○ 気温 : 今日の最低 4.8(07:02)8.7(14:50)〜 東京(マイナス 1.8 - 1.0 〜 秋田)/ 昨日 : マイナス 0.2 - 5.4 〜 会津

今日の東京の朝は、どんよりと曇り空の天気でした。今にも雨が降り出しそうな雰囲気でしたが、結局、滞在中は、雨は降りませんでした。最低気温が 4.8度だったようですが、それほど寒く感じません。

秋田の方は、最高気温が 1.0(02:03)ということでビックリです。午前二時台の記録のようで、調べてみると、午後七時の 0.0 度以外は、日中の毎正時の気温がマイナスで、真冬日に近い状態だったようです。雪の量は、午後八時現在 13センチを記録していました。

実際の積雪は、もっと多いと思います。今日は、最終の新幹線で、午後 11時 54分着ですから、普通の靴でどうやって帰ったらいいでしょうか。

今日は、午前中に横浜へ行ってきました。取引いただいているサロンの方へお伺いしました。下の写真、左は、今日のお昼ご飯です。

20091216お昼ご飯 20091216表参道のクリスマスイルミネーション1 20091216表参道のクリスマスイルミネーション2

横浜から、都内へ戻り、表参道へ向かいました。午後四時を過ぎたら、いつの間にか辺りが暗くなっていました。表参道へは、五時過ぎになりましたが、とてもきれいなクリスマスイルミネーションで埋め尽くされていました。

それでも、このイルミネーションを見学に訪れている方々は、心なしか少ないような感じがしました。今日は、水曜日だったせいかもしれません。

20091216表参道のクリスマスイルミネーション3 20091216表参道のクリスマスイルミネーション4 20091216表参道のクリスマスイルミネーション5

表参道には、いつもお世話になっているサロンがあります。東京メトロの表参道駅を出てから、直線で、100メートル以内の範囲でしたが、クリスマスイルミネーションを堪能する事ができました。

20091216表参道のクリスマスイルミネーション6 20091216表参道のクリスマスイルミネーション7 20091216表参道のクリスマスイルミネーション8

下の写真、左は、ディスプレーされていたクリスマスツリーです。セーターのオーナメントが飾り付けされていて、とってもかわいいんですよ。

中央と右は、この季節、このブログでも何度か登場しているのですが、裏の路地へ入ったところにライトアップされていたイブの夜の風景と教会のイルミネーションです。

20091216表参道のクリスマス1 20091216表参道のクリスマス2 20091216表参道のクリスマス3

下の写真は、同じ小路のさらに奥にあるお店の風景です。真っ赤なポインセチアがディスプレーされているお店、お花屋さん、京都の風情をかいま見る事のできるお店などなど。

20091216表参道のクリスマス4 20091216表参道の花屋さん 20091216表参道のクリスマス5

下の写真、左は、いつもお世話になっているサロンに飾られていたお花です。このお花は、上の写真、中央のお花屋さんから届けられるのだそうですよ。

中央は、最終の秋田新幹線こまちです。東京駅を 20:04 に出発しました。東京駅で購入したお弁当を持ち込み、出発と同時に食べました。

20091216お花 20091216秋田新幹線こまち 20091216夜のお弁当

下の写真は、表参道のクリスマスイルミネーションの風景です。休みのときは、すれ違うのがやっとぐらいに込み合っているのだそうですが、今日は、それほどでもありませんでした。

20091216表参道のクリスマスイルミネーション38

東京メトロ表参道駅の出口から出てすぐの場所から写したものです。

先月の雨降りの夜は、歩道橋の上でイルミネーションを楽しんでいた方々がおられましたが、危険防止のためか、その歩道橋には警備員の方が配置され、通行止めとなっていました。

20091216表参道のクリスマスイルミネーション47

実は、その歩道橋から今日のイルミネーションが撮れればいいなぁと思っていましたが、残念でした。

ただ、写真撮影をされている方々は多かったのですが、歩道には、まだまだ隙間があり、結構自由な場所から撮影する事が可能でした。

20091216表参道のクリスマスイルミネーション48

歩道の脇の車道には、車の駐車が目立ちました。大きなトラックが、せっかくの美観を損ねていましたが、そのトラックを利用して、車道に身を乗り出しイルミネーションを写す事ができました。

下の写真は、原宿方面とは違い、表参道駅方向のイルミネーションを写した風景です。

20091216表参道のクリスマスイルミネーション50

街路樹の幹や枝には、いろいろなパターンの光が配置されていました。

20091216表参道のクリスマスイルミネーション53

真っ赤な色の光のイルミネーションもありました。街灯の光、以外とクリスマスイルミネーションとマッチしていますね。

20091216表参道のクリスマスイルミネーション55

下の写真は、表参道のクリスマスイルミネーションが飾られているメインストリートから脇へ入った路地で目にした風景です。引き込まれてしまう世界ですね。

20091216表参道のクリスマス58

下の写真は、上のクリスマスイブの夜を思い浮かべてしまう風景の路地から、さらに横へ入ったところにある教会の風景です。こちらの方は、ほとんど人影は見えませんでした。

ここは、春に咲き乱れる桜の風景も楽しむ事ができるんですよ。

20091216表参道のクリスマス60

夜の街を探索するのもおもしろいですね。今日のブログは、新幹線の中で書き上げたものです。もうすぐ盛岡です。

バッテリー駆動で、東京から秋田までもちますし、ネットも、トンネル以外は結構カバーしているようで、何の問題もありません。もうすぐ盛岡ですが、バッテリー消費率は 50%を表示していました。結構もちそうですよ。

ただし、電波の方は、盛岡から先は、さすがに届かないようですけどね。

第86回増田の花火 2009

○ 履歴 : 2007「2007.09.14 第84回増田の花火 2007最低 17.9 最高 28.2
○ 履歴 : 2008「2008.09.14 第85回増田の花火 2008最低 18.2 最高 27.0
○ 気温 : 今日の 最低 14.4度(04:44)最高 24.1度(12:49)

今日の朝は、今にも雨が降り出しそうなどんよりとした曇り空でした。それでも、徐々に青空が広がり、お昼過ぎからは、とてもよい天気となりました。

今日は、午前中からアロマのセミナーでした。昨日夜なべして作った資料をもとに、あっという間の三時間でした。受講生の方は熱心です。カード式の単語帳に、精油のいろいろな情報を書き込んでおられました。

カードのデータ素晴らしいですが、ネイルの方も素晴らしいですね。下の写真、中央は、セミナー終了後に食べたお昼ご飯の焼きそばです。

20090914精油データカード 20090914焼きそば 20090914草刈り前1

今日は、お昼ご飯を食べ、山へ行ってきました。上の写真、右と、下の写真、左は、下草刈り前と後の様子です。同じように、下の写真、中央と右も対応しています。

20090914草刈り後1 20090914草刈り前2 20090914草刈り後2

きれいな青空が広がっています。時間は、午後四時頃の様子です。ラベンダーも気持ちよさそうでした。雨が降り、ある程度気温が下がりだしてきましたが、ラベンダーの畑には、雑草の小さな新しい芽がいっぱい出てきました。

20090914青空 20090914ラベンダーの畑 20090914増田へ出発

山から帰ってすぐ、ばっぱのふる里増田町へ向かいました。上の写真、右は、そのときの様子です。青空と夕焼けがとてもきれいでした。

今日は、第 86回目となる「
増田の花火大会」の日でした。今日のブログの一番上には、2007年、2008年、そして今年と、増田の花火のタイトルが並んでいます。毎年、09月14日に開催されているのがわかります。

下の写真は、増田の家でごちそうになった今日の晩ご飯です。芋の子汁、高野豆富とシメジこんにゃくの煮つけ、そして、マグロとヒラメの刺身でした。

20090914芋の子汁 20090914高野豆富とシメジこんにゃくの煮つけ 20090914マグロとヒラメの刺身

それから、鯉の甘煮、いろいろなキノコのご飯、ソーメンの入ったいなり寿司でした。

20090914鯉の甘煮 20090914いろいろキノコのご飯 20090914ソーメンのいなり寿司

まだまだあります。寄せ豆富のあんかけ、大根の煮もの、そして、ゴマ豆富でした。これだけ食べたら、お腹いっぱい。

20090914寄せ豆富のあんかけ 20090914大根の煮もの 20090914ゴマ豆富

今日の花火大会の他に、増田町では、月山神社のお祭りも行われています。下の写真、中央は、月山神社入り口の鳥居です。家々の前には、ご覧のような提灯が灯されていました。

20090914提灯 20090914月山神社の祭典 20090914月山神社の祭典2

下の写真、左は、月山神社です。今回は、神社からすぐ近くの場所へ移動し、花火大会を堪能しました。桟敷席にも負けないくらい、大きな花火を見ることができました。大きな花火は、爆音とともに、目の前まで迫ってきます。

20090914月山神社 20090914増田の花火1 20090914増田の花火2

携帯電話の写真のため、暗くてなかなか色がでませんでしたが、何枚かきれいな色も写っていました。下の写真、中央が、その一枚です。二連発だったかの大きな花火が、一方では消えかけ、他方では開いていました。

20090914増田の花火3 20090914増田の花火4 20090914増田の花火5

何十年と花火大会へ来ていますが、月山神社まで来たのは初めてでした。下の写真、左は、月山神社の参道の一番奥の鳥居です。

20090914月山神社 20090914増田のりんご 20090914第86回増田の花火2009

昨年の花火もそうでしたが、今年の最後の花火は、

「森羅万障 仲秋の夜空を翔ける大火宴」これぞ大物打上げ「増田の花火」の大火宴 正二尺玉付 超弩級豪華 特大スターマイン」

と、「第86回 増田の花火」のパンフレットには書かれていました。上の写真、中央は、今年初めて食べるとりたてのリンゴです。

この花火大会では、防寒服を準備しないと寒い、という今までの経験がありましたが、今年は、暖かでした。

そういえば、増田までやってきた時の気温と帰りに通った道の温度計は、まったく同じ「18度C」を表示していました。今日は、暖かで穏やかな一日でしたね。

● 関連記事
2008.09.14 第85回増田の花火 2008
2007.09.14 第84回増田の花火 2007

秋田竿燈まつり 2009

○ 履歴 : 2007「2007.08.05 ぱっとひらめく直感思考と小脳最低 22.3 最高 25.7
○ 履歴 : 2008「2008.08.05 すいかと回覧板と iPhone最低 18.7 最高 30.6
○ 気温 : 今日の 最低 23.0度(04:21)最高 27.9度(13:49)

今日の朝は、昨日とはうって変わり今にも雨の降り出しそうな天気でした。天気予報では、午後から晴れまが広がるという事でしたが、このまま雨が降ってきそうです。

でも、今日は天気予報があたりました。午後一時頃から、晴れまが広がって来ました。雲がやや多いため、それほど気温は上がらなかったようですが、一日中蒸し暑い天気でした。

今日は、午前中に山へ行ってきました。下の写真、左は、日赤病院手前の介護施設前での出張竿燈の様子。近くの町内会の竿燈でしょうか、演技を披露していました。

20090805竿燈 20090805草刈り前1 20090805草刈り前2

今日の午前中は、曇り空だったので絶好の草刈り日和りです。カボチャやズッキーニの畑の草刈りが残っていましたので、前回の続きをしました。上の写真と下の写真は、草刈り前と後の風景です。

20090805豆太郎 20090805草刈り後1 20090805草刈り後2

キカラスウリが、真っ白な花を咲かせていました。ラベンダーの畑、ようやく土が乾燥して固くなってきました。頃合いを見計らって耕作作業を再開しないといけません。中央は、ラベンダーナナ成沢、右は、早咲き3号です。

20090805キカラスウリの花 20090805ラベンダーナナ成沢 20090805ラベンダー早咲き3号

おかむらさきの苗は、いまだに新しい芽を伸ばすことができずにいるようです。先日草を刈り取ったところ、見事に乾燥していました。ゴミ袋で何百袋くらいに相当するでしょうか。ここからは、微生物のお仕事ですね。

20090805ラベンダーおかむらさき 20090805ラベンダーの畑 20090805梅干しご飯

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。梅干しご飯、野菜炒め、そして、鶏のモツ煮でした。

20090805野菜炒め 20090805鳥のモツ煮 20090805ミズとジュンサイとジャガイモのみそ汁

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。ミズとジュンサイとジャガイモのみそ汁、大根とシーチキンの煮つけ、ゴーヤチャンプル、ナスの中華風煮もの、そして、レタスのサラダでした。

20090805大根 20090805ゴーヤチャンプル 20090805アトリオン

今日は、竿燈まつりが開催されてから三日目でした。時間があったので、午後七時頃出かけてきました。秋田駅東口からポポロードを通り、仲小路通りを通って、会場まで向かいました。

上の写真、右は、会場へ向かう途中にあるアトリオン入り口前のミニ竿燈です。竿燈大通りには、すでに竿燈が準備を整え、演技開始の合図を待っているところでした。

今年は、253本だったかの竿燈が、二丁目橋から山王十字路の間で繰り広げられるそうです。下の写真は、開始の笛が吹かれた後の様子です。まだ、すべての竿燈がきれいにそろって持ち上げられています。その後は・・・

20090805秋田竿燈まつり01 2009085秋田竿燈まつり02

今年は、風がほとんど吹いていませんでしたが、あっちへゆらゆら、こっちへゆらゆら、竿燈同士が重なりあったり、時には観客席まで倒れてきたり・・・。

20090805秋田竿燈まつり03 20090805秋田竿燈まつり04 20090805秋田竿燈まつり05

演技は、どのくらい続いたでしょうか。画像のスタンプでは、二十五分くらいでしょうか。第一回目の演技が終了し、横に倒された竿燈がおはやしの車と一緒に竿燈大通りを、時計回りに移動していきます。差し手の方々の姿が見えますが、夜空に浮かぶ竿燈、随分大きいのがわかりますね。

20090805秋田竿燈まつり06 20090805秋田竿燈まつり07 20090805秋田竿燈まつり08

写真で撮った竿燈の風景は、電球がつきっぱなしのような提灯の灯りが見えますが、実際には、ちらちら揺らめいているんですよ。その竿燈が、大通りを埋め尽くし、穂先をしならせながらバランスをとっている風景、とても趣があります。

20090805秋田竿燈まつり09 20090805秋田竿燈まつり10 20090805秋田竿燈まつり11

おはやしも見逃せません。マイクで「どっこいしょ〜、どっこいしょ」という大きな声が流れてきましたが、その声が止んだ後には、笛や太鼓のおはやしがとても印象に残りました。

20090805秋田竿燈まつり12 20090805秋田竿燈まつり13 20090805秋田竿燈まつり14

今年の竿燈まつりは、平日だったためか、人出は、今まで何度か行ってはいますが、少なかったようです。それでも、熱気に包まれた会場では、皆さん盛り上がっていましたよ。

会津美里町お田植まつり 2009

○ 履歴 : 2007「2007.07.12 会津美里町お田植まつり 2007最低 21.1 最高 24.7
○ 履歴 : 2008「2008.07.12 会津美里町御田植祭り 2008最低 20.7 最高 24.4
○ 気温 : 今日の 最低 19.8度(02:04) 最高 24.9度(14:45)

朝起きると、曇り空の天気でした。日中は、ちょっとでも動き回ると汗が噴き出してくるそんな蒸し暑い天気でした。ただ、夕方から、小雨がほんの少しですが降ってきました。

今日、九州南部では梅雨が明けたという事でしたが、30度以上の気温のようですね。秋田では、夏日に 0.1度足りない気温でした。

そして、今日は、実家の会津美里町のお田植まつりでした。妹から、その模様が送られてきました。下の写真がその様子です。

20090712会津美里町お田植えまつりのぼり 20090712会津美里町お田植えまつり1 20090712会津美里町お田植えまつり2

「御田植祭は、三日がかりの神事で、07月11日午後5時、伊佐須美神社庭上の芳の輪くぐりで幕をあけます。
翌12日には、町内の小中学校児童生徒による獅子追童子が伊佐須美神社南正門から掛声とともに町中へ駆けぬけ、稲作に害をおよぼす動物を追い払い、無病息災が祈られます。

そのあと神社境内では、佐布川地区の男性による早乙女踊り、稚児舞が奉納されます。
午後には「でこ」と称する田植人形を先頭に神輿渡御行列が御田神社にむかって練り歩き、その様子は平安さながらです。
御田神社では、田植式、還御祭などが古式ゆかしく行われ、翌早朝の早苗直し、早苗振祭をもってすべて終了します。」
(旧会津高田町公式ホームページ 年中行事・祭りより)

20090712会津美里町お田植えまつり3 20090712会津美里町お田植えまつり4 20090712会津美里町お田植えまつり5

上の写真、左、先頭の人形様が見えますが「でこさま」かなぁ。

家の前から撮した風景ですが、下の写真、左と中央の行列は、ケヤキの木の方角へ向かっていますが、右は、ケヤキの木が見えるから下ってきているみたい。

20090712会津美里町お田植えまつり6 200900712会津美里町お田植えまつり7 20090712会津美里町お田植えまつり8

とても懐かしい太鼓台です。下の写真は、左から、北若、上若、第一仲若のようです。提灯にそう書いてありました。

20090712会津美里町お田植えまつり9 20090712会津美里町お田植えまつり10 200900712会津美里町お田植えまつり11

「ヤーッコ ヤーレヤレ〜ッ」のかけ声が聞こえてくるようです。写真、どうもありがとね!!

今日は、午前中に、山へ行ってきました。下の写真、左は、真っ白な花を咲かせるラベンダーナナアルバの花です。山で、きれいな実を見つけました。

右の写真の上の方に写っている緑色の実が、きれいな赤橙色に実っていました。コウゾの実です。

20090712ラベンダーナナアルバ 20090712ラベンダーの畑の耕作1 200900712耕作前後のラベンダー畑2

下の写真、左は、山菜のウドの花です。昨日、時間がなかったのですが、耕耘機で耕したのは大正解でした。梅雨前線の影響で、雨が降りやすい状態となっているようですね。明日は、多いところで 180ミリもの激しい雨の降る予報がでていました。

20090712ウドの花 20090712ラベンダー畑1 20090712ラベンダー畑2

下の写真は、昨日耕作の済んだ今日のラベンダーの畑です。左から、ラベンダーナナ成沢、ラベンダー早咲き3号、そして、ラベンダーおかむらさきです。

20090712ラベンダーナナ成沢 20090712ラベンダー早咲き3号 20090712ラベンダーおかむらさき

写真を撮していると、ラベンダーの葉っぱに、小さな小さなカマキリを見つけました。今年の冬は、どこにすみかを作るのでしょうか。中央は、ツルウメモドキの花芽??。

20090712ラベンダー畑のかまきり 20090712ツルウメモドキ 20090712鮮やかな橙黄色の花

上の写真、右と、下の写真、左は、山の帰り道で撮した風景です。とても鮮やかな橙黄色の花や遅咲きのラベンダーの花がきれいでした。

中央は、桜ガ丘という地区から秋田駅の方向を望んだ風景です。アルヴェの高い建物が見えますから、その辺りがお店の方角となります。右の写真は、鮮やかな色の花を咲かせているノウゼンカズラです。

20090712みごとな遅咲きラベンダーの花 20090712桜ガ丘から見下ろす秋田駅方面 20090712見事なノウゼンカズラの花

下の写真、左は、黄色いかわいらしい花を咲かせている西洋オトギリ草です。お店の前に自生しています。

中央と右は、今日のお昼ご飯です。カニとタマゴと野菜の中華丼、そして、野菜スープです。大きなニンジンがほぼ丸ごと入っていました。

20090712西洋オトギリ草の花 20090712お昼ご飯 20090712野菜スープ

下の写真は、今日の晩ご飯です。肉入りやや辛マーボナス、アマランサスのおひたし、そして、マグロの刺身でした。

20090712マーボナス 20090712菜っ葉 20090712刺身

今日は、アロマのセミナーで利用する資料作りをしていました。41種類もの精油のデータを分析することで、いろいろな作用や利用方法を理解していただくための資料です。まだまだかかりそうです。

● 関連記事
会津美里町公式ウェブサイト(外部リンク)
2008.07.12 会津美里町御田植祭り 2008
2007.07.12 会津美里町お田植まつり 2007
2006.07.12 高田御田植祭り 2006 太鼓台
2006.07.12 高田御田植祭り 2006
2005.07.12 会津高田町の御田植え祭り
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
プロフィール

ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年
 12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
  1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店
 みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、
 出荷
・ショップでハーブやアロマ
 関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
 とアドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール
 開講
○ 現在、秋田市で
・アロマテラピーと
 フィトテラピー(植物療法)
 を学びながら、ショップや
 サロンを営み、スクールも
 開講しています

以前に投稿した記事
テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ