○ 履歴 : 2009「2009.11.04 初冬の会津から秋田へ- 0.6 / 13.6 会津
○ 履歴 : 2010「2010.11.04 農作物を作るプロの流儀
5.6 / 10.4
○ 履歴 : 2011「2011.11.04 Pocket Informant 2.0 for iOS
7.0 / 18.1 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.11.04 電話線片方切断されても通信可能
7.7 / 12.9 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.11.04 会津の生そばが届いた頃一つ森公園の紅葉探索 2013
8.6 / 17.3 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.11.04 会津の実家から届いた身不知柿の箱に入った大初作 2014
6.0 / 12.7 24時
○ 履歴 : 2015「2015.11.04 快晴の中深まる秋 2015
5.5 / 18.0 24時
○ 気温 : 昨日の最低 3.4(00:27)最高 11.7(12:57)20時現在(24時)
○ 気温 : 今日の最低 6.2(03:35)最高 11.4(12:57)22時現在(24時)

201611042400Temperature

上の画像は、2016.11.04(金)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

数日間続いた真冬並の寒さが一段落したようです。昨夜遅くの 22時には 7度台までずっと下がっていましたが、00時には、突如 9度台まで上がり、今日未明から明け方にかけて、8度台と 7度台の間で変動していました。

未明から明け方にかけて、雨が断続的に降っていましたが、雨が降っていた頃には、気温が 7度台だったのかもしれません。

今日の最低気温は 03:35 に記録した 6.2度で、これでも十分寒いのですが、今までが冷え込んでいたため、少し暖かく感じました。

朝になると、ぶ厚く黒い雲が空全体を覆っていましたが、雨はやんでおり、北側と東側の空の一部には、朝焼けを望む事ができました。

気温の方は、相変わらず 8度台が続いていましたが、雲の切れ間から、時々お日さまが顔を出していた前後の 09時には 9.1度まで上がっていました。

昼前になっても、雲が空を覆ってはいましたが、朝と同じように、時々雲の切れ間から、お日さまが姿を現した事で、9度台だった気温も、12時には 11.0度を記録していました。

そして、昼過ぎになると、空全体に青空が広がり始め、お日さまも午前中より、暖かい光を届けてくれてはいましたが、気温の方は、12:57 に記録した最高気温 11.4度までは届かず、10度台が続いていました。

夕方になると、薄い雲が空を覆い始め、せっかくきれいだった空が暗くなっていました。ただ、雲の薄かった西の空が、うっすらと夕焼け色に染まっていました。

気温の方は、10度を下まわる 9度台から 8度台で推移していましたが、夜のはじめ頃の 20時には 7.6度まで下がっていました。

そして、その気温は、夜遅くの 22時まで続いていました(22時現在 7.0度 74%(24時 7.2度 72%))。

下の写真は、朝 06:16 頃の様子です。東西南北の空を望んだ様子ですが、厚い雲がかかる中、北側(下の写真、中央の右)と東側(下の写真、右)の雲の切れ間から、朝焼けを少しだけ望む事ができました。

20161104外の様子朝1 20161104外の様子朝2 20161104外の様子朝3 20161104外の様子朝4

下の写真は、今日、一日を振り返って撮した外の様子です。

左は、一時、雲の切れ間からお日さまが姿を現していましたが、それでも、厚い雲に覆われていた昼前 10:30 頃の様子、

中央は、それまで厚い雲に覆われていた空に、青空が広がっていた昼過ぎ 15:05 頃の様子、

そして、右は、再び、少しずつ雲が多くなり始め、薄雲の広がる西の空が少し夕焼け色に染まっていた夕方 16:27 頃の様子です。

20161104外の様子昼前 20161104外の様子昼過ぎ 20161104外の様子夕方

下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、インスタントのカップそばでした。それに、自家製のカボチャと栗のパイでした。

20161104お昼ご飯カップ麺 20161104お昼ご飯カボチャ 20161104デザート栗パイ

午前中に、北海道のサロンから「化粧品」が届きました。このサロンの方には、今年のラベンダーの季節に、おかむらさきを発送させていただきました。

何でも、サロンオーナーのご主人さまは、北海道産の樹木から、自社で精油を蒸留しておられるという事だったので、みなみの香草屋産のおかむらさきを送らせていただきました。

本場の北海道ではありますが、一度、秋田産のラベンダーも試していただきたかったからです。

そしたら、今日、北海道産の精油が二種類届きました。化粧品と書いてあったのですが、中からは、下の写真、左と中央のような精油とお手紙が入っていました。

夏にはパワー一杯のラベンダーをありがとうございました。精油、蒸留水にして思う存分に楽しませて頂きました。当社での針葉樹の蒸留も順調に進んでおり、わずかですが、お試しいただけたらと思い、送らせて頂きました。

という内容でした。北海道産の樹木系精油、本当に嬉しく思いました。どうもありがとうございます。

2016.10.05 明日の移動calm(外部リンク:リラクゼーションサロン カームさん)

● 北海道産の樹木系精油(針葉樹)
1. 音別産のカラマツ Larix kaempferi
2. 阿寒湖畔のアカエゾマツ Picea glehnii

でした。さっそく、封をあけ、香りを試して見ました。何てフレッシュな香りなのでしょうか。ひまわりが直感的に感じた香りは、

1. カラマツ Larix kaempferi 〜 ジュニパー Juniperus communis とサイプレス Cupressus sempervirens を足したような香りに、わずかにエステル類の甘い香り
2. アカエゾマツ Picea glehnii 〜 すぐに思ったのが、バルサムモミ Abies balsamea の香りでした。あの香りを、もう少しスッキリさせたような香りで、ブラックスプルース Picea mariana にも似た香り

に感じました。

そこで、思った事がありました。今年のアロマテラピー・セミナーで勉強した精油の中に、新しいケモタイプの精油がありました。

2012.04.11 狭い意味でのケモタイプと広い意味でのケモタイプの概念

その一つが、カナディアンヘムロック Tsuga canadensis でした。

2016.10.10 アロマテラピーセミナー 2016 その2

こちらには「
ケモタイプ精油成分分析表」が添付されていましたので、その中身を調べる事ができました。

が・・・・

カラマツ Larix kaempferi とアカエゾマツ Picea glehnii については、精油の成分分析表をネット上で探したのですが、なかなか見つける事はできませんでした。

下の写真、右は、カナディアンヘムロック Tsuga canadensis と、その「
ケモタイプ精油成分分析表」です。

20161104精油カラマツ 20161104精油アカエゾマツ 20161104精油カナディアンヘムロック

そういえば、以前、主要な樹木系の精油を、科目や属名、そして、蒸留部位などに分類して、それぞれの精油に含まれている精油の成分を比較検討し、どのような条件にそれらの精油を使い分けるのか、という内容の記事を投稿した事がありました。

2009.02.27 主な樹木系の精油と芳香成分類

そこでは、科名、蒸留部位、そして、属名の順番で並べ替えて、主要な樹木系の精油を比較検討しました。

2007.10.09 アロマテラピーセミナー2007 その1でも投稿しましたが、学名の最初は「属名」、次の名称を「種小名」というように二つの語で一つの種を表すのだそうです。例えば、アカマツ ヨーロッパ Pinus Sylvestris は、「Pinus」と「Sylvestris」の二つの語で表されていました。

それで、先ほどのように、科名、蒸留部位、そして、属名の「Pinus」、「Abies」・・・という順番で並べ替えると、

・マツ科、針葉、「Pinus」、アカマツ ヨーロッパ Pinus Sylvestris
・マツ科、針葉、「Pinus」、パイン Pinus PinasterPinus
・マツ科、針葉、「Pinus」、ポンデローザパイン Pinus ponderosa
・マツ科、針葉、「Abies」、バルサムモミ Abies balsamea
・マツ科、針葉、「Picea」、ブラックスプルース Picea mariana
●マツ科、針葉、「Picea」、アカエゾマツ Picea glehnii
○マツ科、針葉、「Tsuga」、カナディアンヘムロック Tsuga canadensis
●マツ科、針葉、「Larix」、カラマツ Larix kaempferi
・マツ科、木部、「Cedrus」、アトラスシダー Cedrus atlantica
・マツ科、木部、「Cedrus」、ヒマラヤスギ Cedrus deodara
・ヒノキ科、木部、「Juniperus」、シダー Juniperus virginiana
・ヒノキ科、実付き小枝、「Juniperus」、ジュニパー Juniperus communis
・ヒノキ科、葉付き小枝、「Cupressus」、サイプレス Cupressus sempervirens

そうすると、それぞれの精油に含まれている成分に、面白い傾向がある事がわかりました。

今回は、この表に、先ほどの三種類の精油を追加して、改めて作り直したものです。

20161104主な樹木系の芳香成分類

○ 注意
1. 各精油に含まれている芳香成分類のうち、含有量が 1%に満たない場合には、表示されていません
2. 数値は、含有量(%)で、小数点二位を四捨五入。
3. 黄色いマスクは、15%以上含んでいる芳香成分類です
4. ピンク色の枠線とマスクは、今回追加した三種類の精油です
5. 二つの精油(アカエゾマツ、カラマツ)には、入っていると思われる芳香成分類に「
」をつけました(間違っているかも知れません)
6. カラマツのエステル類には「
」がつけられていますが、わずかに入っているのでは?という意味です(あまり入っていないかも知れません)
7. カナディアンヘムロックは、ロット番号 BTCA107、蒸留年月 2016年5月の分析表数値です

どなたか、アカエゾマツ Picea glehnii と、カラマツ Larix kaempferi の成分がわかる方がいらっしゃれば、ご連絡いただけると助かります。よろしくお願い致します。

なお、アカエゾマツ
Picea glehnii の「Picea」は、「トウヒ属」なんだそうです。この属名は、ブラックスプルース Picea mariana にもついていました。

どうりで、ブラックスプルース Picea mariana に香りが似ているわけです。

また、新しい属名として「
Larix」が、カラマツ Larix kaempferi に登場してきましたが、これは「カラマツ属」なのだそうです。

ウェブ上には、この「
カラマツ属」に属している「ヨーロッパカラマツ Larix decidua」が見つかり、こちらには、α-ピネン(モノテルペン炭化水素類)、α-テルピネオール(モノテルペンアルコール類)、そして、酢酸ボルニル(エステル類)などが含まれている事がわかりました。

それで、カラマツ Larix kaempferi のエステル類の欄に「
」をつけました。

そして、新しいケモタイプの精油として追加したカナディアンヘムロック
Tsuga canadensis ですが、こちらは「Tsuga」で、「ツガ属」に属しているのだそうです。

中に含まれている精油成分は、上記表に示した通りでした。

今回追加した三種類の精油を含め、中に含まれている精油成分を他の精油と比較検討して、それぞれの条件に適用することが可能となります。

内容成分の検討については、前述した通り、以前投稿した下記の記事を参照いただければ幸いです。

2009.02.27 主な樹木系の精油と芳香成分類

今回いただいた二種類の精油、クリスマスも近いので、他の樹木系や、その他の精油とブレンドして楽しみたいと思います。

今日は、一足早いクリスマスプレゼントが北海道から届きました。

下の写真は、今日の晩ご飯です。おでんに、ナスやピーマンなどの素揚げ、そして、鶏天でした。

20161104晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。塩辛とダイコンおろし、セリと糸コンニャク・エノキダケのお吸いもの、そして、玉子酒でした。

20161104晩ご飯塩辛とダイコンおろし 20161104晩ご飯セリのお吸いもの 20161104玉子酒

明日の秋田の最低気温は 6度、最高気温は 17度、そして、天気は「雨時々曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2016.11.04 17:00発表)。